Nananin-no-Tenshicyou (ReikaiMonogatariSousyo) Iizuka Hiroaki

ISBN:

Published: September 1st 2015

Kindle Edition

55 pages


Description

Nananin-no-Tenshicyou (ReikaiMonogatariSousyo)  by  Iizuka Hiroaki

Nananin-no-Tenshicyou (ReikaiMonogatariSousyo) by Iizuka Hiroaki
September 1st 2015 | Kindle Edition | PDF, EPUB, FB2, DjVu, audiobook, mp3, RTF | 55 pages | ISBN: | 10.35 Mb

出口王仁三郎が書いた『霊界物語』には全部で七人の「天使長」が登場します。「天使長」と聞くと、ミカエルとかルシファーなど新旧約聖書の登場人物を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。あるいはバトルスピリッツ(カードゲーム)のキャラクターを思い出す人もいるかも知れません。霊界物語の「天使長」は国祖・国常立尊の下で世界の政治を司る宰相(首相)です。初代天使長の大八洲彦命を始め、七代目の常世彦命(二世)まで、歴代天使長は七人います。国祖神政(霊界物語第一巻四巻)の時代にだけ出てくる役職で、More 出口王仁三郎が書いた『霊界物語』には全部で七人の「天使長」が登場します。 「天使長」と聞くと、ミカエルとかルシファーなど新旧約聖書の登場人物を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。あるいはバトルスピリッツ(カードゲーム)のキャラクターを思い出す人もいるかも知れません。 霊界物語の「天使長」は国祖・国常立尊の下で世界の政治を司る宰相(首相)です。初代天使長の大八洲彦命を始め、七代目の常世彦命(二世)まで、歴代天使長は七人います。 国祖神政(霊界物語第一巻~四巻)の時代にだけ出てくる役職で、天則違反の罪で更迭されたり、辞職したりで、短い間に目まぐるしく交替して行きます。 宰相格の人物は「天使長」という役職が創設される以前にも二人います。どちらも女神です。 本書では、この二人の女神と、七人の天使長についてお話しします。 国祖神政を支え、また瓦解させることになった彼らのドラマを通して、国祖がなぜ隠退することになったのか、その背景も見えてきます。 「みろくの世」とは再び国祖神政が復活することです。なぜ、どのようにして太古の国祖神政が崩壊したのかを学ぶことによって、みろく



Enter the sum





Related Archive Books



Related Books


Comments

Comments for "Nananin-no-Tenshicyou (ReikaiMonogatariSousyo)":


ksero-madar.pl

©2014-2015 | DMCA | Contact us